「福久和うち」に行ってきました。

話は12月の頭に戻ります。
twitterで有志を集めた「春日部ガス抜き会」の忘年会で武里駅のそばにある「福久和うち」に行ってまいりました!

武里駅西口を左に出てまっすぐ行くと、服部書店さんの手前にそのお店は佇んでいました。
私がもたもたと自転車を止めてもよさそうな場所を探しているうちに男女の2人組がこの店の暖簾をくぐり、「今日は間に合わなかった」といった会話をしながら残念そうな顔をして出てきました。
どうやら普段から結構な人気の様子?!
2人は次のお店を求めて駅の方向に消えていきました。
静かながらも選択肢が多くあるのが武里の良いところですよね。

中に入ると小さなたたきがあって、靴を脱いだらすぐに白くて清潔な畳が廊下に敷き詰められていました。
案内されるままに2階に向かうと、そこには京都の地名を現した部屋が。

席に並べられたお手拭きは紙製のものでしたが、和柄が施してあってかわいい。
小さなことのひとつひとつに素敵なこだわりを感じました。

それはもちろん、お料理にも。

どこの小人さんの森なんですか!!!
かわいいだけじゃなくてすごく美味しいんです。

この、目で楽しんで、見た目を惜しみつつ崩して食べてさらに満足できるという贅沢。
ガス抜きと忘年会というに相応しい懐石料理でした。

個人的にもまた来てみたいお店です。
ランチもやっているそうなので、主婦の昼女子会とかいいかもしれませんね!

「京おばんざい 福久和うち」
https://tabelog.com/saitama/A1102/A110204/11043649/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする